東京都中野区 不妊治療・不育症専門の鍼灸マッサージ治療院

〒165-0026 東京都中野区新井2-7-10 サンファスト中野新井202

お気軽にお問合せください

03-3387-9107

診療時間

10:00~13:00/14:00~22:30
最終受付21:00

不妊鍼灸 不育鍼灸に使う鍼とお灸

不妊鍼灸 不育鍼灸に使う鍼とお灸

鍼とお灸の紹介

不妊・不育症の施術に使用する鍼灸

不妊鍼灸や不育症で鍼灸を受けられるかたの多くが
鍼灸の初心者さです。

初めての方はとても不安に思われるので こちらでは使用する鍼とお灸をご紹介します。

初めて鍼灸を体験された方の声は
「鍼・お灸が初めての方へ」をお読みください。

鍼・お灸が初めての方へ

施術に使う鍼

 

当院では体への刺激を最小限に抑える施術のため
一番細い鍼(00番)を使用しています。

注射の針よりずっと細く痛みの刺激もほとんどありません。

髪の毛ほどの細さで 曲がるほど柔らかい鍼です。


東洋医学のイメージは
中国や韓国が最初に思い浮かびますね。

中国や韓国では太い鍼を何本も使用することが多いのですが

日本人は体質的に強い刺激に向かないため 当院では一番細い鍼を数本打つ程度です。

細くて刺激がごくわずかなので 

「鍼を刺しても気が付かない」

そんな方も沢山いらっしゃいます。来院されている方の ほとんどが

「鍼は初めてで怖かったけど 大丈夫です 安心しました」

「鍼が入った感じはしたけど 全然痛みはありませんでした

または

「プチっと何か感じるくらいですね。全然大丈夫です。」

と仰られます。

なかには

「この鍼を刺したときの感じがとても気持ちよく感じます」

なんて仰られるかたもいらっしゃいます。

 

鍼を刺すなんて普通は怖いイメージを持たれると思われますが、
実際は不妊鍼灸や不育症鍼灸の施術で使う鍼はとても細く、皮膚にも数ミリほどしか刺さないため 寝てしまうほどリラックスした状態で受けることができます。

もしも不快な痛みを感じることがあった場合や刺した後痛みが続くようでしたら
遠慮なく すぐにおっしゃって下さいね。

その時は鍼を外します。

なぜかと言いますと、痛みを我慢することは施術効果を下げてしまうからです。

不妊や不育症の方に必要な鍼灸は強い刺激ではありません。

身体的ストレス(精神的ストレスも もちろんですが)は婦人科系 子宮、卵巣、その他ホルモンバランスにも大変良くないからです。

妊娠や出産を望まれる方の施術目的は

「お身体を整えながら、緩めながら、血流や氣の流れを良くすることで子宝体質へ向かっていく」という事だからです。


 

鍼の種類は基本的には一番細い鍼を使用するのですが

その方々によってのお身体の状態や変化、体質で変わることがございます。

しかし、それによって痛みが増すことはありませんので ご安心くださいね。

 

「鍼が苦手」「どうしても怖い」という方は【刺さない鍼】もございますのでご安心ください。

 

鍼の打ち方は
写真右の筒に鍼を入れ

トントン と軽くたたき

鍼の先端5mmほどだけをツボに刺します。

また使い捨て鍼なので感染の心配もありません。

 

 

患者さまのお体の状態により鍼の種類を変えることもあります。
適切な鍼を使うことで より良い成果を引き出します。
 

施術に使うお灸

 

お灸=熱さを我慢するもの

と、イメージされている方が多いのですが、当院では

熱さを我慢しないお灸を使います。

使用するのは「せんねん灸」です。
 

中心部分の円筒が もぐさのお灸になっています。

台座がついているので
火が直接肌に触れることはありません。

台座の裏には穴があいており
その穴から もぐさのエキスが熱と共にツボから
浸透していきます。

お灸をツボに置き、しばらくすると温かさを感じてきます。

「そろそろ熱いかな?」と感じた時点ですぐにお灸を外します。


熱さを我慢してしまうと
体はストレスを感じ、ギュッと固まろうとします

これでは逆効果です。


緑の風鍼灸治療院では

身体を緩め、血流や気の流れを改善し 心地よいと感じる程度の刺激を与えることで
本来の妊娠する体質・無事に出産できる体質に戻すための施術を行ないます。

お一人お一人のお身体や精神の状態に合うように行っております。

 

お灸の種類も患者さまのお身体に合わせて変えていきますが
(例えば、冷えが強ければ温かさが増す種類のお灸、妊娠や妊娠の可能性があるときは その為のお灸など様々です)
 

どのお灸も「熱さをガマンしない温灸」です。

ご自宅でもなるべくお灸だけはして頂きたいのですが、

その時も熱さは我慢せず 外してください。

(ご自宅のお灸のツボは来院時にお教えしております。)

不妊鍼灸・不育鍼灸に使うツボについて

東洋医学では五臓(5つの内臓)と経絡(エネルギーが流れる線)に当てはめた理論があります。

五臓とは「肝」「心」「脾」「肺」「腎」のことをいい、それぞれのバランスを整えます。

経絡とは常に身体に流れる氣のエネルギーの通り道のことで、その流れを良くすることで全身の流れを整えます。

ストレスや日々の疲労によって五臓のバランスや経絡の流れは想像以上に影響を受け
乱れやすくなっています。

そこで五臓や経絡を整えるためにツボを使うのです。

不妊や不育症の為のツボは足、お腹、腰を中心にあります。

患者さまの体質やその日のお身体の状態や今後の目的に合わせてツボを選び鍼と灸を行います。

鍼やお灸の種類が変わることもあれば、ツボが変わったり、ツボの位置が変わったりします。

特にツボの位置はその日によって微妙に動いて変化します。
当院の鍼灸施術では長年の経験でそのツボの変化を読み取り適切な位置へ鍼灸を行っていきます。

ご自宅でもお灸をされると 施術の効果の持続、日々の妊活やお身体のケアになりますので
無理のない範囲でされることをおススメしています。

ご来院された際にご自分でお灸するツボなどもお伝えいたします。

子宮や卵巣、ホルモンバランスに関わるツボでとても簡単にできるので
ぜひお試しくださいね。

不妊治療 不育症 鍼灸説明会&治療体験の予約はこちら

お気軽にご連絡ください

不妊治療 不育症治療・妊婦マッサージ
ご相談ダイヤル

03-3387-9107

受付時間:10:00~13:00/14:00~22:30
最終受付:21:00
(木・金曜定休)

※治療は完全予約制です

お問合せはこちら

  不妊治療 不育症
  妊婦マッサージ
  ご相談ダイヤル

03-3387-9107

メールでの連絡はこちらから

鍼灸説明会&体験治療

不妊 不育症の鍼灸治療とはどのようなものか詳しい説明と、60分の体験治療が受けられます。

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:00
午後 14:00~22:30

最終受付 21:00

アクセス

緑の風鍼灸治療院

03-3387-9107

住所

〒165-0026
東京都中野区新井2-7-10
サンファスト中野新井202

診療時間

午前 10時~13時
午後 14時~22時30分
最終受付 21時
(木・金曜定休)
※完全予約制です