東京都中野区 不妊治療・不育症専門の鍼灸マッサージ治療院

〒165-0026 東京都中野区新井2-7-10 サンファスト中野新井202

お気軽にお問合せください

03-3387-9107

診療時間

10:00~13:00/14:00~22:30
最終受付21:00

不妊鍼灸コラム2

不妊鍼灸コラム2

不妊や不育症の方のための鍼灸情報や妊活情報などをご紹介しています。

妊活中、妊娠中の便秘を解消する食品は?
2020.11.23.

みなさま こんにちは!

もう街はクリスマスの装いになってきましたね。
各地でイルミネーションが輝いています。(^^)

さて今日は女性に多い「便秘」の解消にいい食品のご紹介です。

妊活中の方々や

特に妊婦さんは便秘に悩まれる方が多くいらっしゃいます。

 

不妊鍼灸や不育症鍼灸では婦人科系だけでなくお身体全体を調整していくのですが

そこで欠かせないものの一つに「腸の状態」があります。

腸が快適になってこそお身体の調子も良くなります。

快便になることも立派な妊活になるのです。

 

便秘気味だけど

便秘薬を使うのは抵抗あるかた、

お薬の前に他の方法を試みたい方など

ぜひ読んで参考にされてください。

 

それでは

便秘解消おススメ食品は3つ!

1.寒天

2.植物性乳酸菌「ラブレ」

3.ゲロルシュタイナー

 

これらを1つずつ、少量ずつ摂取してみて下さい。

以下、詳しい説明を致します。

 

1.寒天 ~水溶性食物繊維~

スーパーでお手頃な価格で購入できます。
メーカーも様々です。

 

まず、便秘解消や腸内環境を整える と聞いてほとんどの方が思い浮かぶのが

「食物繊維を多く摂る」という事だと思います。

そこでゴボウ、サツマイモなど摂取されると思うのですが

便秘の方はちょっと待ってください。

 

食物繊維には2種類あります。

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維とは

水分に溶けず、便の量を増やし腸を刺激して便通を促します。

主にゴボウ、サツマイモ、セロリなど根菜・野菜に含まれます。

 

水溶性食物繊維とは

水分に溶けドロドロした状態になるので硬くなった便を柔らかくします。

そして善玉菌のエサにもなります。

海藻類やきのこ類に多く含まれます。

 

便秘の方はまず便を柔らかくしてあげるとスムーズに排便へつながります。

便を柔らかくしつつ不溶性食物繊維で一緒に出してあげることが大切です。

 

そこで生活に取り入れやすいのが寒天です。

寒天の中でも「粉寒天」が摂取しやすいです。

 

粉寒天の摂取の方法は

水やお湯に溶いて飲みます。

 

ただし、注意点があります。

・一日の摂取量は6gまでですが
少量から試してください。

(粉寒天約1gは小さじ すりきり一杯)

 

・十分な水分を一緒に

1gに対して150~200㏄の水分に溶いて飲む。

一緒に摂る水分が少ないと
体内で寒天が体内の水分を吸収してしまうため、便秘に悪影響や消化不良になる可能性があります。

 

2.食物性乳酸菌ラブレ 

3本1セットでスーパーで購入できます。

 

カゴメから発売されているラブレ。

日本人と相性の良い植物性乳酸菌「ラブレ菌」が腸まで届いて働くそうです。
(カゴメHP参照)

1日1本、様々な味で出ているのでお好みのものをお試しください。

 

3.ゲロルシュタイナー

取り扱わないスーパーもあります。
ネット購入が確実です。

ミネラルが豊富な硬水です。

特にカルシウム、マグネシウムが他のミネラルウオーターより多く含まれており

そのマグネシウムが硬くなった便を柔らかくし排便を促すと言われています。


しかし、飲むのを控えたほうがいい方もいます。

カルシウムも豊富なため腎機能が弱い方、赤ちゃんはお止めください。

胃が敏感な方もマグネシウムが刺激になるためお気を付けください。

 

以上3点をご紹介しましたが

1つずつ試しても変化が見られなければ
2つ、3つを同時に試してみる など

摂取量を注意しながらご自分の身体にあった方法と量を見つけてみて下さいね。

 

男性と女性の妊活の認識
2020.10.1

みなさま こんにちは!

少しずつ秋の気配が感じられるようになりましたね。

これから徐々に冷えも感じる季節へと移り変わります。
妊活=温活と言えるほど冷え対策は重要です。

妊活のみならず、お身体にとって冷えはよろしくないので
特に下半身を暖かくする服装など心がけてみて下さいね。

 

さて今日は「ご夫婦(カップル)と不妊治療」についてです。

 

不妊治療というと昔から「女性が頑張るもの」のイメージがあり
子宝に恵まれないのは女性側に何かあるからだ と思われやすく

不妊鍼灸を受ける方も大半が女性です。

しかし!

不妊の原因は半分は男性です。

本当の原因は男性側なのに 女性だけ妊活を頑張り続けたらどうなるでしょう?

体力的にも時間も費用も無駄になってしまうのです。

 

とは言っても

なかなか「一緒に妊活しよう!」と正面から向き合える男性は現在でも少ないのです。

その一つの原因に男性は

「自分の精子が良くない状態」であると思いたくない、認めたくない、そんなわけあるはずない。

という思いがとても強い方が多いのです。

中には

「病院で検査するくらいなら 妊活なんて止めてほしい」とさえ思っている方もいらっしゃるくらいです。

女性が子宮や卵巣の状態を気にする以上に 男性は自分の精子の優劣にナイーブになってしまうのです。

また、日頃の感覚の違いもあげられます。

女性は毎月の生理のため1ヶ月のうちにコロコロ体調が変化したり不調を感じやすかったりと
体感しているので 感覚的&直観的に体にいいもの、優しいものなど見つけやすいのですが

男性の多く(そうでない方も もちろんいらっしゃいます)は女性のようにコロコロと体調は変化しないため いざ妊活!と言われてもイマイチ実感がわかず 行動できないのです。

不妊鍼灸など東洋医学などは特に西洋医学のように目に見える検査や画像、数値に表れない段階の医療なので(理性派が多い)男性には理解できない世界です。


なので不妊鍼灸は女性が受けるもの であって…と考えられてしまうのです。

 

男性は

「ま、子供はそのうちできるだろう」

 

女性は

「妊活は一緒にやってこそ授かるもの」

という認識がよく見られます。

しかし上にも言いましたが

不妊の原因は半分が男性です。

まずは男性の皆様、ご自分の検査をされてください。
そこからが妊活スタートです。
 

と、ここまで男女の感覚の違いについて書きましたが
男性(夫・彼氏)は

「妻・彼女に何がしてあげられるか?」

「辛い治療をするくらいなら 身体の為にも止めてほしい」と

女性の事を彼らなりに大切に思っているのです。

でもそれは妊活を頑張っている女性には伝わりにくい・・・。

その小さな小さなズレが夫婦喧嘩の火種ともなり、女性の精神的ストレスにもなります。
 

まずは
お二人で どうしていきたいのか?をよくよく話し合ってお互いの思いを知るところから始めてみて下さい。
 

そしてお家でもお互いにお灸やツボマッサージをしてあげたりして
更に絆を深め合えると 不妊治療という困難もとてもプラスになる期間になります。
 

お問い合わせ

妊活疲れ
2020.9.10
みなさま こんにちは!
今年の夏も猛暑の上、コロナ対策のマスク着用でお顔周りから体温も逃げず
暑さから体力を奪われた方も多かったと思います。
 そんなときって体力のみならず
気力も下がってしまいますよね。
 特に妊活をされていると生殖高度医療のお薬による副作用や不調、
日常生活やお仕事と不妊治療・不育症治療による両立のストレス
金銭的な不安、先の見えない不安、
また中には、ご夫婦やカップル間での意識感覚のズレなどからくるストレス・・・
 とにかく負担となるものが多くあるため「頑張る」ことが苦痛に感じていらっしゃる方も多くみられます。
 妊活は情報に溢れていますので
「あれがいい」と聞けば取り入れ
「これがいい」と聞けば取り入れ・・・なんていっぱいいっぱいになってしまうのです。
 
しかしその状態、本当にお身体にとっていい事でしょうか?

不妊治療 妊活 というと高度生殖医療のイメージが強いですが
その前の基本の「キ」は ご夫婦・カップルのお身体が快適であることなのです。
 
頑張ることが苦痛ならお身体にいいわけがありません!
 これは大事なのでもう一度いいます。
 頑張ることが苦痛なら、または負担に感じるなら、ストレスに感じるなら
お身体にいい事はありません!!
 
 また、人工授精や体外受精、顕微授精後
「今回はいけるかも」という期待が外れてしまった時の「ショック」から
気力が消えてしまうこともあると思いますが 
そこから無理にやる気を出そうとする というのも大変お身体に負担がかかります。
 
妊活は頑張ることが全てではありません。
妊活は休むことも大切な「妊活」なんです。
当院で不妊鍼灸や不育症鍼灸を受けられる方はよく涙(泣)されます。
 その時は鍼灸を中止してでも思いっきり好きなだけ泣いてもらいます。
 まず感情にそっていくことが一番お身体にいい事なんです。
 
不妊鍼灸や不育症鍼灸、マッサージはお身体を元の「より良い状態」に戻したり改善させていくため
高度生殖医療や様々な負担やストレスも一緒に軽減させてしまいます。
 
そのために鍼灸を受けて頂くことが一番なのですが、
ご自宅ではお菓子を食べてみたり、ジャンクフードを美味しく味わってみたり
 
つい罪悪感を感じてしまう事を一度「休む」ことで
「楽しい」を優先してみてください。
 不妊治療自体をお休みして 旅行なんかも とてもいいですよ~!
 
不妊鍼灸や不育症鍼灸の世界は不思議なもので
フッと気持ちが軽くなったとき結果につながることが多いのです。
 そうそう、ご自宅での鍼灸も際も
義務感からやるのではなく
 リラックスタイムとして楽しんでやってみてください
 
 
 

お問い合わせ

不妊治療 不育症 無料治療体験の予約は今すぐ!

お気軽にご連絡ください

不妊治療 不育症治療・妊婦マッサージ
ご相談ダイヤル

03-3387-9107

受付時間:10:00~13:00/14:00~22:30
最終受付:21:00
(木・金曜定休)

※施術は完全予約制です

お問合せはこちら

  不妊治療 不育症
  妊婦マッサージ
  ご相談ダイヤル

03-3387-9107

メールでの連絡はこちらから

まずは無料不妊診断

東洋医学専門家が、あなたの身体と不妊の状態を無料で診断いたします。数分で終わりますので、お気軽にどうぞ。

無料説明会&体験治療

不妊 不育症の鍼灸治療とはどのようなものか無料で詳しくご説明し、60分の体験治療が受けられます。

診療時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 10:00~13:00
午後 14:00~22:30

最終受付 21:00

アクセス

緑の風鍼灸治療院

03-3387-9107

住所

〒165-0026
東京都中野区新井2-7-10
サンファスト中野新井202

診療時間

午前 10時~13時
午後 14時~22時30分
最終受付 21時
(木・金曜定休)
※完全予約制です

メディア掲載記事

妊娠できる

不妊専門誌「赤ちゃんがほしい」特別編集『妊娠できる!病院選び完全ガイド2013』に優良不妊鍼灸治療施設として紹介されました。

女性セブン掲載記事

女性セブン掲載記事

女性週刊誌『女性セブン』に
「不妊症に定評のある人気施術院」として東京で唯一選ばれました。

不妊専門誌「赤ちゃんが欲しい」の『ママになりたいあなたのためのオススメ施設』で
当院が紹介されました。

女性のための健康生活ガイド『ジネコ』不妊治療の漢方鍼灸版に当院長のアドバイスが掲載されています。